明日から簡単にできる!!朝、スッキリと目覚める方法5選 

Life

NAOです。

みなさんは朝、ぼーっとしていませんか?

  • 朝活をしたいけど、目が覚めない
  • 午前中の仕事がはかどらない
  • 1コマ目の授業に集中できない
  • 朝の時間を有効活用したい

このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

もちろん、睡眠時間を確保し、寝不足を防ぐことも大切です。

今回は睡眠時間以外で、すっきりと目覚める方法5選を共有させてください!

スッキリと目覚める方法5選

カーテンを開けて光を浴びる

私たちには体内時計(=サーカディアンリズム)が存在します。

体内時計は約24.2時間で動いています。ですが、世界共通で1日は24時間ですよね。

このままだと、体内のリズムと地球のリズムに差が生まれてしまい、夜型になってしまいます。

その差を解決してくれるのがです。

光を浴びることで体内時計がリセットされ、朝起きて、夜は寝るという生活リズムが作られます。

また、光を浴びることで、脳の覚醒に影響を与えます。

覚醒のみでは留まらず、睡眠ホルモンといわれるメラトニンの分泌も抑制してくれます。

メラトニンをもっと知りたい方はこちらから↓

曇りで太陽が出ていなくても、覚醒に影響を与える光の成分は取り入れることができます。

まず、起きたらカーテンを開けて、数分程度で良いので光を浴びましょう!

   

シャワーを浴びる

体内時計の影響を大きく受けているのが体温です。

睡眠中は体温が下がり、覚醒中は体温が上がります。

しっかりと体温を上げることで、覚醒のスイッチをONにしましょう。

体温の上げすぎには注意してください。

朝風呂で大きく体温を上げると、体は体温を下げようと働き、眠気の原因となってしまいます。

朝はシャワーを浴びることをおススメします。

また、リフレッシュ効果がある、ミント系や柑橘系のボディーソープを使うことで、嗅覚からも脳を刺激すると効果アップです!

私はLUSHのシャワージェル(DIRTY SPRINGWASH)を愛用しています。

清涼感があり、さっぱりするのでおススメです!

 

朝食はよく噛んで食べる

朝食は1日のエネルギー源となります。

糖質が多い食事は血糖値を急激に上げてしまうため、眠気を促します。

菓子パンやシリアルなどの朝食はおススメできません。

温かいスープやみそ汁は体温を上げるのでおススメです。

私はあまり時間をかけずに栄養素を取りたいので、栄養価の高いバナナと納豆、みそ汁、ミント系のガムを毎日食べています。

何を食べるか、重要なことですが、よく噛むということが覚醒には重要です。

噛むことで三叉神経から、脳に刺激が伝わります。

さらに、よく噛むことで睡眠と覚醒のリズムにメリハリが生まれることが報告されています。

With detailed sleep measures, we found that powder feeding induced attenuated diurnal sleep/wake rhythm, characterized by more sleep during active period and less sleep during the rest period. 

Anegawa, E., et al., Chronic powder diet after weaning induces sleep, behavioral, neuroanatomical, and
neurophysiological changes in mice. PLoS One, 2015. 10(12): p. e0143909.

 

軽い運動をする

750

運動をすると交感神経が優位になり、目が覚めます!

さらに、脳も活性化します。

ですが、高負荷の運動は体温が大きく上がってしまいます!


その反動で、たくさんの汗をかき、熱を体から放出します。これは眠気を誘発します。

早足のウォーキングや、スローペースのジョギング、ストレッチなど心地いい運動がオススメです!

ウォーキングやジョギングは継続が難しいという方はぜひアプリを使ってください。

どのくらいの距離を運動したのか、何キロカロリー消費したのか把握すると楽しくなりますよ!

私はASICSのRunkeeperを使ってランニングしています。無料で、走行距離、時間、消費カロリーを記録できるので、とても重宝しています。

 

ASICS Runkeeper™ ランニングアプリ | アシックス
Runkeeperアプリで、世界中のランニングを楽しむ4500万人ものランナーとつながりましょう。ワークアウトを記録して、あなたの目標達成をサポートします!

コーヒーを飲む

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインは覚醒作用基礎代謝を上げる効果があります。

欧州食品安全機関では1日のカフェインの摂取量は400mgとされています。

これは約コーヒーカップ3~5杯分に相当します。

さらに、コーヒーは適量であれば健康に良い影響を与えるとされています。


2型糖尿病、心血管疾患のリスクを減らすという報告もあります。

ただし、血中のカフェイン濃度は半分になるまで約4時間と言われています。

夜のコーヒーは睡眠に悪影響となりますので、注意してください。

In fact, consistent evidence indicates that coffee consumption is associated with reduced risk of type 2 diabetes and cardiovascular disease in adults.

Scientific Report of the 2015 Dietary Guidelines Advisory Committee P5~6.

市販のコーヒーを買うのもOKです。ですが、私はドリップコーヒーをおススメします!

ドリップはお湯を注ぐだけですし、量もマグカップ1杯程度と丁度いいです。

何といっても、、お湯を注ぐときのコーヒーの香りで目が覚めます。

無印のドリップコーヒーはすっきりとした後味で朝にはピッタリです。

スッキリと目覚めることで、人生豊かに!!

ここからは私の実体験も踏まえて話します。

朝起きるのが楽しくなる

頭がスッキリしないから、朝は苦手。

こんな風に感じている人は多いと思います。

スッキリと目覚めることで朝=苦手という意識から朝=好き

意識改革をしませんか?

 

朝活が猛烈に捗る

朝の時間は活動するには最適な時間とされています。

私自身、本を読む、英語を勉強する、ブログを書くなど朝に活動しています。

朝、脳が疲れていない状態で作業するので、夜と比較して集中力が高く、作業が早いです。

また、朝に何か1つでも作業すると達成感で満たされた状態で1日をスタートできるため

高いモチベーションを保ったまま過ごすことができます。

 

気持ちよく仕事・授業を始めることができる

だるいなー、ぼーっとするなといった気持ちは不要です!

仕事・授業開始を気持ちよく迎えることで、思い切りスタートダッシュをきることができます。

この日々の積み重ねが結果に繋がります。


まとめ

☑朝スッキリと起きるには

  1. カーテンを開けて光を浴びる
  2. シャワーを浴びる
  3. 朝食はよく噛んで食べる
  4. 軽い運動をする
  5. コーヒーを飲む

☑朝スッキリと起きるメリット

  1. 朝起きるのが楽しくなる
  2. 朝活が猛烈に捗る
  3. 気持ちよく仕事・授業を進めることができる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!では、また次の記事で。

コメント

  1. こぱん より:

    実践してみたいです!参考になります。

  2. NAONAO より:

    NAOです!
    コメント最高に嬉しいです。
    ありがとうございます!

    簡単だけど、効果がある方法をシェアさせてもらいました。
    ぜひ、1つでも試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました