【意外と知られていない?】睡眠と水分補給

Life

NAOです。

みなさんは意識して水分補給していますか?

身体の約60%が水分でできています。水分はなくてはならない存在ですよね。

そんな水分。実は睡眠に関連しているんです!

今回は睡眠と水分補給に関して情報共有したいと思います。

水分の役割

水分の役割は大きく分けて3つに分類されます。

1.運搬:酸素や栄養素、老廃物を運搬する
 水分の一部は血液となり、全身を循環します。血液は体内に呼吸によって取り込まれた酸素、食事によって得られた栄養素を体内に運搬します。一方で、代謝によって産出された老廃物を体外に排出します。

2.体温調節:体温を一定に保つ
 体内の水分は体温調整を行う上で、とても大切な役割を担っています。例えば、体内の温度が上昇したとき、汗が出ます。汗が蒸発するとき、皮膚から熱を奪い、体温の上昇を防いでいます。

3.環境維持:新陳代謝が効率的に行われるよう、体液の性状を維持する
 細胞が機能しやすいように、体液(血液、細胞内液など)を弱アルカリ性に保っています。

水分補給が快適な睡眠に繋がる

 皆さんは夜中に喉が渇いて起きたり、起床時にすごく喉が渇いている経験はありませんか?これは就寝中に多くの汗をかいているからです!個人差はありますが、一晩で約ペットボトル1本分の水分(約500ml)が失われると言われています。水分が失われた状態が続くと、血液がドロドロとなり、血行が悪くなります。結果として、老廃物が体に溜まってしまい、疲れがとれにくくなります。就寝中の脱水を防ぐために就寝前の水分補給が重要となります。

水分補給の注意点

睡眠前の水分補給が快適な睡眠に繋がると情報共有しました。
水分補給に関していくつか注意点があります!

1.カフェイン・アルコールは避けること
 カフェイン・アルコールには利尿作用や覚醒作用があります。睡眠を妨げ、脱水の状態に陥りやすくなります。

2.キンキンに冷えた飲み物は避けること
 冷たい飲み物は体を冷やし、血管を収縮させます。その結果、血行が悪くなり、睡眠を妨げます。5度~15度程度の常温の水が腸に吸収されやすい適切な温度となっています。

3.寝る30分前にコップ1杯飲む
 就寝している間は臓器も休息状態に入ります。水分を処理する腎臓も機能が低下するため、就寝直前に大量の水分を摂取すると、朝のむくみの原因になります。

まとめ

  • 水分補給は快適な睡眠に繋がる
  • 寝る30分前に常温の水をコップ1杯分飲むことがオススメ!

私は学生時代は陸上部で長距離ブロックに所属していました。
夏場の練習では水分補給が最高の幸せでした。その反動か、、、
普段から水を飲むことが好きです。コーヒーも大好きです。
ぜひ、みなさんも意識して水分補給をしてみてください!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!では、また次の記事で。

コメント

  1. こぱん より:

    なおさんを見習って水分補給忘れないように頑張ります!(^^)

タイトルとURLをコピーしました