【メンズ必見!?】マフラーを巻いてオシャレコーデに差をつけろ!

Fashion

冬の寒さから僕たちを守ってくれる救世主のマフラー。
マフラーを巻いている君も、巻いていない君も、今年の冬はマフラーを巻き尽くしちゃおう!
実は、マフラーでファッションの印象が変わるって知ってました?

【メンズ必見!?】マフラーを巻いてオシャレコーデに差をつけろ!

マフラーを巻いてオシャレになろう!

マフラーって、防寒にも使えて、オシャレアイテムで利便性が高いと思います。
マフラーはファッションアイテムの一部ですが、顔の近くにアイテムがあり、全体のイメージを決める大事なアイテムです。


マフラーをしているコーデをイメージしてみて下さい。
冬って基本的にアウターを着ますよね?
アウターを開ける閉めるによっても多少は変わりますが、その人のコーデを見る時ってアウターとマフラーが大部分を占めていると思います。
正直インナーが適当でも、なんとかなります!
一枚あると、マジで便利です。


今回は、そんなマフラーについて書いていきます。

選び方

基本的には、必ず試着してください。
理由は、生地がいいものが必ずしも優れたものではないからです。
同じ生地の中にも、良いものと悪いものがあります。
表示はあくまでも参考に!

①カラー・柄
自分のファッションイメージを思い浮かべて下さい。
マフラーをメインにしたいのか、服をメインにしたいのか考えます。
そして、いつ着るのか考えます。(私服のみ?スーツにも合わせる?)

大抵の人はシンプルな無地のマフラーを選ぶと思います。
僕も基本的に、服をメインとして持ってきたいので、最初に購入したのは紺の無地を選びました。

だが、しかーし、関係ないです。

自分が好きなものを選んで、気持ちよく服を着ることが大切です。
そして何より、服は全てお気に入りを揃えることが大切だと思います。

②生地
生地として有名どころといえば、カシミヤ、モヘア、ウール、アンゴラです。
僕が持っているものは、カシミヤ、毛、メリルウールです。
これもまた難しくて、試着してみるしかないと思います。
カシミヤだから凄くいいと言うわけでもないので、注意が必要です。

僕が一番気にしているのは、首がチクチクしないかと、生地のボリューム感です。
ファッションと防寒といえ、首に不快なものを巻きたくないですよね!

③長さ
特に意識しているわけではありませんが、アウターの下に着ることを考えると、汎用性を考えると170cm前後が使いやすいのではないでしょうか。

僕が持っているものは、170cmが多いです。

おすすめブランド

①ジョンストンズ
やはり、マフラーといえばジョンストンズ一択だと僕は思っています。


ジョンストンズはイギリスのブランドです。
カシミヤ、キャメルヘアー、ラムズウール、メリノウール、ビキューナなどの高級素材を使用する老舗ブランドです。
特徴は、自社工場で一貫して生産している点です。つまり、原毛〜ニッティングまで行なっているということです。そして、ロイヤルワラントを持っています。

しかも、コンセプトが響きました。最高のもののみが全て】やばくないですか?
上司に言われたら、ついて行っちゃいそうです笑
男として惚れました!

使用している感覚としては、首がチクチクしないのはもちろん、柔らかくてフワッとしてます!
見た目から、質がいい感じが伝わってきますよ。
値段はそこそこするのですが、マフラーって何十個も買わないと思うので、最初の選択肢としてはありだと思います。それに男性は、ファッションをシンプルに着ることが好きな人が多いと思うので、小物は質の良いものを選んだほうが良いです。歳を重ねたときのための投資です。

②好きなブランドのものや気に入ったもの
正直、ベーシックなカラーや柄はジョンストンズで購入して、派手な色、柄を取り入れたければ自分のよく購入するブランドで買うか、一目惚れしたマフラーで良いと思います。

おすすめ巻き方

巻き方はいろいろありますが、僕が実際に使っている2種類の巻き方です。
最近の流れとしては、シンプルな巻き方が流行ってきているのですが、この2種類が好きです。

ピッティ巻き

ピッティ巻きは、こなれて見えてあったかいのでかなり重宝しています。
僕はほぼこの巻き方をします。胸のところに立体感が出て、華やかに見えるのでおすすめです。

垂らし結び巻き

垂らし結び巻きは、丈の長いアウターに合わせています。凄くエレガントに見えます。
ただ、保温性はそこまでないので、見た目重視な巻き方です。

マフラーを使ったコーディネート

タイトルとURLをコピーしました