ダイエットに失敗してしまう人へ『痩せるにはマインドが超重要!?』

Training

『今回は必ずダイエットを成功させるぞ!』と決めたけれど何故かいつも失敗してしまう。
『いろいろなダイエット法を試したけど、、』どれも上手くいかない。
『ダイエットに成功してもリバウンドが、、』すぐに元に戻ってしまう。

こんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

この記事ではダイエットに何度も失敗してしまう方のために、ダイエットに必要な考え方を中心に解説しています。
どうしても『ダイエットを成功させたい』と思っている人の参考になれば幸いです。

痩せるにはマインドが超重要!?

ダイエットに何度も失敗してしまうのは、、

ダイエットを成功させるには『痩せるためのマインド』が最も重要です。

『マインドって何だよっ』と思うかもしれまんせが、ダイエットとは人間の三大欲求の一つである『食欲』を制限する行為ですので、気持ちがとにかく大事だということです。

食欲旺盛で食べるのを我慢できない人は自分の欲求との戦いになりますし、運動が嫌いで嫌いで仕方ない人は、嫌なことを無理やりやらなければなりません。
基本的に『我慢』は長くは続きませんよね。

『痩せるためのマインド』とはダイエットの優先順位をその他の欲求よりも上に配置することです。
『どうしてもあと○kg落としたい!』、『もっとかっこいい身体になりたい!』と言う強い気持ちがあれば、その他の欲求を自然と跳ね除けることができます。

例えば、『人生の大イベントである結婚式があるから後○ヶ月後に○kg痩せたい』と目標があれば、何が何でも痩せようとすると思いませんか?

ダイエットに何度も失敗してしまう人は、具体的な目標が無かったり、楽な方法で痩せたいと考えていたり『ダイエットは辛いもの』と考えている人が多いです。
大事なのは食事管理、運動習慣を『我慢』ではなく『当たり前』にすること。

モデルさんや芸能人など素晴らしい体型をキープできるのは、人前に出る仕事で自らの身体が資本だから、普通の人よりも体型キープに気を使っていて優先順位が高いからです。
普段から健康に気を使ったり、ジムでハードにトレーニングをしていたりストイックな生活をしている人も多いですよね。

でも本人たちはあまり『辛い』とは思っていないでしょう。
何故なら、それが『当たり前』だから。

ここまでの領域に行くのは難しいかもしれませんが、しっかりと目標を決めて『痩せるためのマインド』になることができれば自然と痩せることができるでしょう。

『○○ダイエット』や『ダイエットサプリ』の闇

はっきりいいます。『〇〇を食べるだけダイエット』、『ダイエットサプリ』は意味ないです。

では何故これらが流行るのか、それは良い商売になるからです。

『痩せたい』と悩んでいる人に『このダイエットサプリを飲むだけで簡単に痩せます』と言えば、魅力的に見えてしまい、高額なダイエットサプリも売れてしまうのです。

普通に考えたらそんなにうまい話は何か裏があるとわかりますが、コンプレックスに付け込まれ、『こっちの方が簡単です』と楽な方へと誘導する。
そんな簡単に痩せられるんだったらこの世に太ってる人はいないでしょう。

広告では『○kg痩せた!』といかにも効果があるようなことを宣伝していますが、下の方に小さく『食事制限も併用しております』と書いてあります。
つまり、痩せたのは食事制限のおかげです。サプリを飲んだからではありませんね。

モデルや芸能人を広告に起用し莫大な広告料を使っているため高額な商品もあります。
本当にお金がもったいないので騙されるのはもうやめましょう。

その他、〇〇を食べるだけダイエットみたいなのももうやめにしましょう。

バナナダイエットって少し前に流行りましたよね。
例えば1食分をバナナ1本に置き換えたらその分痩せるのは当たり前です。
でもそんな生活を続けていたら栄養が偏りますよね。
食事を元に戻したら体重は元に戻っていきます。

本気でダイエットしたいと思っているなら、まず『簡単に痩せたい』と言う希望は捨てましょう。
大事なのは地道な食事管理と運動、健康的な生活を心がけることです。

コンプレックスに付け込んだ甘い言葉に騙されないように、ダイエットには地道な努力が必要です。

痩せにくいのは体質?

悲しい現実ですが、痩せやすい、痩せにくいには体質が関係しているのも事実です。

胚葉学的にみると生まれつき胚葉型(ソマトタイプ)に分けられ、外胚葉型、中胚葉型、内胚葉型の3つに分けられます。
受精卵が胚となり、細胞分裂を繰り返していくうちに3つの層ができてどの層が優先的に発達するかで体質や体型がある程度決まるとされています。

太りやすい人は『内胚葉型』に分類されます。

内胚葉型の特徴

  • 消化器官が発達している
  • エネルギー効率が良い

消化器官が発達しているため、食べた物のエネルギーを効率よく体内に取り込むことができ、尚且つ身体のエネルギー効率が良いため脂肪を溜め込みやすいです。

外胚葉型はこれと逆の特徴がありますので、食べても太れないと言う人が多いです。

中胚葉型は2つの中間と言った感じです。

利き手で反対の手首を握ってみて、親指と中指が余裕で付く人は『外胚葉型』、ちょうど付くくらいの人は『中胚葉型』、親指と中指がつかない人は『内胚葉型』とされています。

体質は生まれつきと後天的な環境要因で形成されますのでソマトタイプが全てではありませんが、自分が太りやすい体質だなと思う人は、他の人よりも食事に気を使わなければいけないと言うことは理解しておきましょう。

自分の特徴を理解し、それを補うようにアプローチをしていけば痩せることは可能ですから安心してください。

ダイエット成功の鍵は

代謝計算をする

消費カロリーと摂取カロリーの計算をしましょう。
めんどくさいのはわかりますが、これに尽きます。

痩せるためには、消費カロリー>摂取カロリーである必要があります。
基本的にこれが守れていれば確実に痩せます。

確実に正確な値を求めるのは不可能ですが、おおよその値は計算することができます。
消費カロリーはインターネットに値を打ち込むだけで計算できるサイトがいくつもあるので、簡単に計算できます。

摂取カロリーの計算はめんどくさいですが、自分がどれだけカロリーを摂取しているのか把握することが大切なので頑張りましょう。

よく食べる食材のカロリーをメモしておいたり、携帯のアプリなどを使うのも良いかと思います。

減量のプロであるボディービルダーも基本的に、減量の際は食べる食材1つ1つg数を測り摂取カロリーを調整することで減量を進めていきます。
コンテストの日程に合わせて月何キロペースで痩せればいいのか目安を立てて、食べる量を調整することでベストなコンディションで大会に望むことができます。

普通の人からすれば確かにめんどくさいですね。
でもこれが一番確実に痩せる方法なのです。

摂取カロリーを制限しているのに痩せないと言う人がいますが、それは基礎代謝が下がって消費カロリーが予想以上に低い可能性があります。

摂取カロリーを制限していても消費カロリー>摂取カロリーになっていなければ痩せることはありません。

カロリー制限をある程度続けると、脳が『飢餓状態』だと勘違いして基礎代謝を下げて脂肪を溜め込もうと働きます。
ダイエットの停滞期と言われますね。

その場合は運動を追加してみたりだとか、摂取カロリーをさらに制限する必要があります。
また、一時的にカロリーを多く摂取し脳に『飢餓状態ではない』と思い込ませる所謂『チートデイ 』が有効になる場合があります。

初心者の方はとにかくカロリー計算をやってみることから初めてみてください。

ダイエットに何度も失敗している人は感覚に頼ってやるとまた同じ結果になってしまいますから、自分がどれくらい消費しているのか、どれくらい食べているのか数字で把握することが大切です。

短期で考えない

ダイエットに失敗してしまう人は短期で考えすぎです。

摂取カロリーを一気に制限すると、基礎代謝がすぐに下がってしまい痩せにくい体になります。
また、筋肉も一緒に落ちやすくなるためメリハリのない体になりますしリバウンドもしやすくなります。

ダイエットは長い目で見て行う必要があります。

消費カロリー2500kcalの人が、摂取カロリーを2000kcalに制限すると理論的には1日500kcal分痩せていくことになります。
これがどれくらいかと言うと、体脂肪を1kg燃やすのに7200kcal必要ですから、1日500kcal制限すると約70g脂肪が燃える計算になります

消費カロリー2500kcalの人が1日何も食べないでも350gしか体脂肪は減りません。
体脂肪を短期で減らすと言うのはとても難しいことを理解しましょう。

1日500kcal制限で『たった70g、、』と思った人は多いでしょう。
でも、1ヶ月で見れば約2kgの減量になります。
見方を変えると『1ヶ月で2kgならいいペース』と思うのではないでしょうか?

短期で考えるから、『1週間頑張ったけであまり変化がない、、』とやめてしまう人が多いのです。

短期で痩せることは難しいと理解して、長い目で見てダイエットに臨むことが大切です。

リバウンドをしない考え方

『ダイエットで痩せてもすぐにリバウンドしてしまう、、』そんな人はダイエットが終わったと同時に元の食事に戻していませんか?

痩せる前の元の習慣に戻ったら、体重も元に戻るのは当たり前です。

食事制限で痩せたのであれば、その食事を続けていかなければいけません。
運動を頑張って痩せたのであれば、運動の習慣を継続しなければいけません。
『痩せたからそれで終わり』ではダメなのです。

継続することに価値があります。
食事管理、運動習慣を改善してそれを継続できたら理想の体型を維持できるだけでなく将来の健康にも繋がります。

リバウンドをしてしまう人は次のように考えています。
痩せる→一時的に理想の体になる→満足して元の生活に戻る→太る

逆にリバウンドをしない人の考え方はこうです。
痩せる→一時的に理想の体になる→この体型を維持しよう!

さらに、
痩せる→一時的に理想の体になる→さらに上を目指して筋トレを初めてみよう!
と、上を目指せる人は絶対にリバウンドしないでしょう。

考え方次第で最終的な結果は大きく変わります。

ダイエットに成功したらその習慣を継続して続けることがとにかく大事!

運動も取り入れる

食事制限だけで痩せることは可能ですが、できれば運動を習慣化できるとなお良いですね。

運動した分カロリーは消費されますから、毎日少しずつでも良いので運動の習慣があれば長い目で見れば大きな違いになります。

運動の習慣がある人はやはり生き生きとしている人が多いですし、適度な運動は気分をすっきりさせてくれてストレスの解消にもなります。

運動が嫌いな人は、少し朝早く起きて散歩をしてみる程度でも構いません。
散歩はリズム運動でセロトニンが活性化されますのでメンタルを安定させてくれます。

朝の通勤に自転車を使ってみるとか、エレベーターじゃなくて階段を使ってみるとか簡単なことからで良いので初めてみましょう。

モチベーションが続かない人は、、

変化でモチベーションを上げる

モチベーションを上げるためには、小さな変化を感じとることが大切です。

『目標まではまだまだだけど、少し体重が落ちてきた』とか、『少し顔が痩せてきた気がする』とか小さな変化でも嬉しくなりますよね。

ダイエットの成果が出てくれば自然とモチベーションが高くなり、『引き続き頑張ろう』ってなりますよね。

毎朝体重を測って記録をつけてみたり、写真を撮ってbefore,afterで比べてみたりすると変化がわかりやすくて効果的だと思います。

ちょっとの成果でも『嬉しい』と思うことがモチベーションを上げ、継続に繋がります。

目標設定は大事

モチベーションを上げるには、やはり目標設定も重要ですね。

『この人みたいな体型になりたい』とか『〇〇kgまで痩せる』とか『体脂肪率10%』だとか何でも良いので目指すのものがあると取り組み方も変わってきます。

『ダイエットに成功したら〜〜できる』などの目標でも良いと思います。
例えば、『ダイエットで痩せたら今まで着れなかった服を着れる』とか『腹筋を割って海に遊びに行く』とか痩せた後のことを想像するとモチベーション維持に効果的です。

モチベーションを高く維持して、ダイエットを継続させることが失敗しないための秘訣です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました